×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

方言について考える

方言について考える

言語は変化しやすいものなので、地域ごと、話者の集団ごとに必然的に多様化していく傾向があり、発音や語彙、文法に相違が生じる。そのために、差異の程度が別の言語までには広がっておらず同じ言語の変種と認められるものの、部分的に他の地域の言葉と異なった特徴を持つようになったものを方言と呼ぶ。また、方言には同一地域内にあって、社会階層の違いによって異なる変種もある。(社会方言) しかし、言語学には「同語族・同語派・同語群の同系統の別の言語」なのか、「同一言語の中の方言」なのかを客観的に区別する方法はなく、言語と方言の違いは極めて曖昧である。国境の有無などのような政治的な条件や正書法の有無などを根拠に両者の区別が議論されることもあり、例外は多々存在する。 方言話者同士が会話する場合は、ある特定の方言そのもの、あるいはその方言を元にして新しく作られた標準語[1]を使用してきた。 各国での方言の実例 [編集] * 主にセルビア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナで話されるセルボクロアチア語は十数年前までひとつの言語で、各国・各地方の言葉は、使用する文字に違いはあっても同じ言葉であり、方言関係にある。しかしユーゴスラビア紛争を経て国家が分裂した現在はセルビア語・クロアチア語・ボスニア語という相異なった3つの言語であると主張がそれぞれの国家民族でされるようになった(Wikipediaにはセルビア語版Wikipedia、クロアチア語版Wikipedia、ボスニア語版Wikipediaがあり、それらとは別に更にセルボクロアチア語版Wikipediaも存在する)。 * 中国語の各方言はヨーロッパ各国の公用語ほどの違いがあり、意思疎通も難しいが、表意文字である漢字で書くと書き言葉が同じであるため意思疎通が比較的容易である。さらに同系の標準語[1]である普通話(プートンフア)があるために、方言関係にあるとされる。中国の大陸部やシンガポールの中国語(華語)は表記に簡体字を使い、台湾、香港、マカオの中国語は繁体字を使っており、発音表記にもそれぞれラテン文字と注音符号という別体系の文字を使うなど、一部が異なった正書法が使われているが、別の言語との扱いは一般にはされていない。また、キルギス共和国には、中国から移住した、キリル文字で書き、アラビア語やロシア語から借用語の多いドンガン語を話す人たちがいるが、国も文字も語彙も違っていても、方言だとみなす人がいる。 * 一方ドイツ語は、大きく北部方言(低地ドイツ語)と標準語[1]を擁する南部方言(高地ドイツ語)に分けられ、互いに通じないほど違う。しかし、北部方言もドイツ語であるとされている。ところが、このドイツ語の北部方言ときわめて近い関係(方言の変化が連続的なので、明確な境界は存在しない)にあるオランダの言葉はオランダ語として、別の言語とされる。ドイツ語北部方言とオランダ語では会話が可能でありながら、ドイツ語北部方言と同南部方言では会話が困難だという奇妙な現象が起こる。 * 逆に植民地政策によって広がった言語は方言差が出にくく、例えばロシア語はあれだけ広い地域で話されているにも関らず、方言差が少ない。 * 英語はイギリスで用いられるものとアメリカ合衆国のものとで細部が異なり、前者はBritish English(イギリス英語)、後者はAmerican English(アメリカ英語)と呼称される。このほかInglish(インド英語)やSinglish(シンガポール英語)など、かつてイギリスの植民地だった地域には地域独自の英語の方言がある。 近代(国民)国家と標準語政策 [編集] 詳細は「国語国字問題」を参照 近代に至ってフランス型の標準語政策は国民形成、国民統合と国民国家建設に欠かせない要件として世界中の国々に受け入れられていく(後述する日本の標準語化政策も例外ではない)。 フランスの方言政策 [編集] 絶対王政期のフランスでは、国家によって特定の方言を元にした標準語が定められ、それまで各地方で話されていたオック語、プロヴァンス語、ブルターニュ語などの地方言語を標準フランス語に対する方言と定義付けて、方言より標準語を優越させる政策が始められた。 例えば、学校教育において、方言を話した生徒に方言札を付けさせて見せしめにするということが行なわれた。この制度は日本にも取り入れられた。 なお、アルザス語もフランス東部で用いられるが、言語学的にドイツ語の一方言である。 日本の方言政策 [編集] 明治時代以降、日本では学校教育の中で標準語を押し進め、方言および日本で話されていた他の言語を廃する政策がとられた。方言を話す者が劣等感を持たされたり、または差別されるようになり、それまで当たり前であった方言の使用がはばかられる事になった。 現在では、テレビ・ラジオにおける標準語[1]使用の影響により殆どの者が標準語を話せるようになった一方、その土地の方言を話せる人口はかつてと比べて確実に減っている(例えば近畿方言のように比較的方言が保たれていても、さらに細分化された地域性が失われる傾向もある)。特に若者の間でその傾向が著しい。方言アクセントは、多くの地域で若者においても保持されているが、語彙は、世代を下るに従ってはっきり失われる傾向にある。 イタリアの方言政策 [編集] 方言が様々で争いさえ起きたイタリアでは、ラジオ・テレビ放送が始まった当初多くの人々が驚いたと言われている。それは、「放送局RAIが、標準語を定義した」というイタリアで初めての試みであったからである。「テレビ放送が始まってから、初めて標準語を知った」農村地方の老人も多かったと言われている。 標準語と方言 [編集] 方言の中でも広く通用し標準的と見なされる変種を標準語[1]と呼ぶ。 標準語は教育や放送を通じて国民に広く知れ渡り、異なった方言をもつ者の意思の疎通を円滑にする。今日の日本では標準語[1]が広く知れ渡り、ほとんどの国民が解する。 標準語[1]は勢力の強い方言なので、他の方言に強い影響を与える。標準語とそれ以外の方言で同音衝突が起きた場合、通常標準語の語彙が残り、他方は使用されなくなる。例えば、名古屋弁においてはかつて「ちょう」という副詞が頻繁に使われていたが、若者言葉において「とても」という意味の「超」という同音の副詞が生まれ全国的に流行した結果、使われなくなった。播州弁や岡山弁でも「ちょっと」という意味の「ちょう(ちょー)」があり、最近でも頻繁に使われている。 また、劣勢に置かれる標準語以外の方言は伝統的な文法・用法を保ちにくい。世代が下るにつれて方言の運用能力は低下する傾向にある。ただし、家庭や職場で方言をよく使う環境にある者は若い世代でも比較的伝統的な方言を保っている。また、新方言という、伝統的な方言とも標準語とも異なる方言が生まれることもある。


[PR]  ツタヤディスカス おまとめローン 比較 筋トレ 方法 薄毛 プラセンタ 妊婦 コンベックス CTI


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』